日本人女性には洋ナシ型という下半身がぽっちゃりした体型の人が多いといわれていますが、特に基礎代謝が低下する二十代後半から上の年齢層の人はどっしりとしたお尻をコンプレックスに感じていることも多いでしょう。お尻についた頑固な脂肪は毎日継続したエクササイズを行わないと落とすことは難しいですが、エステなどで受けられる「キャビテーション」を利用すれば、誰でも無理なく下半身ダイエットを成功させることが可能であると人気を集めています。キャビテーションは高周波を発生させる機械を脂肪が気になる部位にあてることで、脂肪や頑固なセルライトをも溶かしだし、老廃物と一緒に排出させるという新しい美容施術の一つです。

運動をしなくても頑固な脂肪を取り除くことが出来て、すっきりとしたお尻を手に入れられることが出来るキャビテーションは、脂肪細胞そのものを排出させる効果があるのでリバウンドの恐れもほとんど無く、頑固なセルライトをも消し去ることが出来るのでハードなエクササイズを行うよりも確実に下半身痩せを実現することが出来ると人気を集めています。施術中や後に痛みが襲ってくる心配もないため、従来の脂肪吸引手術などと比べれば体への負担を極力減らすことが出来るので、お尻にコンプレックスを持っている人におすすめのダイエット方法でしょう。